Cog Icon signifying link to Admin page

ロンドンの旅

イギリスのガーデン

『西洋文明を建築で表すとここに見えてる眺めだ。』と言われた程の有名な風景です。

ロンドンリージェントパーク内の池 対岸には19世紀のロンドンの街づくりに貢献した古典建築家、Desimus Burton,Jamese Burton一家の豪邸 (現在はカレッジ所有)がその景色です。

ロンドンの街づくりは1666年のロンドン大火以降始まりました。ロンドンの街は古いロンドン塔のある東の地域から西へと発展していきます。デシマスバートンの影響は今日のロンドンに風景に

大きな影響残しています。かつて彼の家族が住んでいたロンドンリージェント公園内の彼の家は西洋文明を形で表したものだ、といわれるほどです。

イギリスには素晴らしいガーデンがあります。ロンドンではリージェントパークやハイドパーク、ケンジントンガーデン、セントジェームズパークといったロイヤルパークがあります。

郊外に出ればコッツウォールド地方、その他、田舎に行けば日本人が抱いてる素晴らしいイングリッシュガーデンをみることができます。

ロンドンロイヤルパークの一つ

ブッシーパーク(BushyPark) 

ロンドン近郊にあるBushyParks(最寄りの駅はロンドンWaterloo から乗り、Hmpton  court駅下車 所要時間35分)

近くには16世きのイギリス王ヘンリー8世やその後に続くイギリス王家が18世紀まで住んでたハンプトン宮殿のすぐ近くです。

ブッシーパークは元はリッチモンドパーク(ヘンリ−8世の狩り場としてスタート)と同じく、ヘンリー8世の王家狩猟場として始まっており、ブッシーパークに現在90頭の赤しか、140頭のダマジカが飼われています。

これら鹿は1年中公園内に放浪しており、散歩途中で鹿の群れに身近で遭遇することも屢々。

その他7月には睡蓮の花、公園内池には豊富な種類の鳥、散歩者の目を楽しませてくれます。

BushyPark(ロンドンロイヤルパークの一つ)

ハンプトンコート宮殿のお隣

Great Dixter Garden  (East Sussex)イギリス南東

グレイトデックスターガーデン 正面入り口 16世紀のイギリスチューダー様式の古い家、しかもこの家は傾いています。お庭はこの家を取り囲むように作られています。

Great Dixter Gardenはクリストファー ロイドの父親が購入した家でした。20世紀初めに購入して以来、当時の著名な建築家 エドウィン ルティアンによってガーデンそして家もデザイン 及び増築されたものです。ルティアンの名声はいわゆる"イングリッシュガーデン"デザイナー ガートルードジキル女史と共同でガーデンを作っていました。今日のイギリスのガーデンはこの2人の多大に影響を受けています。しかし、このグレイトディックスターガーデンではジキル女史はかかわってはいないようです。

^